youkoseki.com

受験改革のジレンマ

仮に、優秀な大学(たとえば東京大学)を卒業して、政治家になった人が、そのあと文部科学大臣に就任し、大学受験制度の改革を試みる、とする。

 

なぜ改革が必要なのか? いわく、現行の大学受験制度では正解のない課題にいかに取り組むか、評価することができないからである。

 

そうすると、政治家は、正解のない課題にいかに取り組むかを評価されずに、現行の大学受験制度を勝ち抜いたことになる。受験制度を改革するとして、その先鋒を担うのが、あるべき形の受験制度を経ずにただ優秀な大学を卒業した人だというのは、矛盾ではないか。

 

とはいえ、優秀な大学を卒業した人であるので、その意見は正しいと考える。そうすると、受験改革のような正解のない課題に正しく取り組めているわけで、そのような人物を評価した現行の大学受験制度は、特に問題がないということになる。

 

この「受験改革のジレンマ」は、個人と全体を意図的に混同しているので、論理的にはもちろん穴があり、いずれにせよ現実の話とは一切関係がないのだが、なんとなく面白かったのでここに記す。こういう話は私のヒーロー、レイモンド・スマリヤン著「この本の名は?」にたくさん載っています。

 

2019/09/09

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

その他のコラム

面白いことが自動で起きない
個人的な例で恐縮なのだが、私は昔からサバゲーに興味があって、機会があれば一度参加してみたいと思っていた。もちろん、オープンなサバゲーの集まりみたいなのはあちこちにあって、そこに参加することも出来るのだろうが、なにせ人見知りだし、いきなり知らない人に撃たれるのも辛いので、知り合いが誘ってくれないかなあと、たぶんもう20年くらい考えていたのである。 ……

「オウンドメディアブームの終わり」について
オウンドメディアブームは終わったという風潮があるようだ。こういう、マーケティング業界人がよくやる、ちょっとした流行を「〇〇はじまった!」と言って持ち上げ、ほどなく「〇〇終わった!」と落とすサイクルは、本当にいかがなものかと思います。 ……

人の価値をソーシャルメディアで計測しなくて良い
Instagramがいいねの数を非表示にするテストをはじめている。これにより、自分の投稿についたいいねの数は確認できるが、他人の投稿のいいね数は見られなくなる。 ……

あえて悪いことをする人は悪い人であること
セクハラやパワハラの問題がメディアなどでも大きく取り上げられる今日、表だって「セクハラ、パワハラ、大好き!」と言う人は限りなく少ない。しかし、現実にセクハラやパワハラをする人達は今もいる。 ……