youkoseki.com

「砂の城」パーベル・クロチェフ

 パーベル・クロチェフは90年代にロシアで活躍したサッカー選手、ストライカーである。1970年ナホトカ生まれ。地元のFCナホトカ・ユース時代は取り立てて見所のない選手であったが、187センチの長身を当時ナホトカの監督に就任したばかりの知将チチに見込まれ、88年にソビエト連邦一部リーグ(二部に相当)所属のトップチームに昇格。88年シーズンの第三節、デビュー戦となったニコライ・モスクワ戦で開始三分にPKを獲得して勝利に貢献して以来、ナホトカのエースとして長年活躍する。長身のわりにポストプレーを苦手とし、決定力に課題を残すものの、試合終了まで走り回るスタミナと、長い足を大きくストライドさせて走るスピードには定評があり、多くのファンを魅了した。91年シーズンにはリーグ得点王。PK獲得技術に優れ、この年の32ゴールのうち22ゴールがPKによるものである。ペナルティ・エリアでディフェンダーと衝突した細い体が大きく崩れ落ちる様は「砂の城」と呼ばれ、相手チームに恐れられた。当時は、60年代のナホトカに所属し、PKだけで100ゴールを決めた故レフ・ミコロビッチにあやかり「レフ二世」とも呼ばれた。インタビューでPK獲得技術について問われたクロチェフは、十代の短い時期に20センチ以上も身長が伸びたことを明かし「だから私の体はバランス感覚が崩れており、ポストプレーが不得手なのも、また倒れ方に独特のリズムがあるのも、このせいかもしれません。何事にも表裏があるのです」と説明したといわれる。92年シーズンにも27ゴール(うち24ゴールがPK)を決めると、この年チームを首位に導き、ロシア・プレミアリーグ昇格に大きく貢献。93年にはロシア代表にも選出される。同年モスクワで行われたイタリアとの親善試合に途中出場し、後半ロスタイムにバレージからPKを獲得する活躍を見せるも(ゴールはイトリビッチ)、代表としてのキャリアはこの一試合に留まった。96年シーズンには十節のロコモティフ・モスクワ戦でPKだけで3ゴールのハットトリックを達成。チームも単独首位となり、リーグにナホトカ旋風を巻き起こす。続くゼニト・サンクトペテルブルク戦でも5ゴール(うちPKで4ゴール)を決めたが、5回目のPK獲得の際に両足をすくわれて腰を骨折、シーズン絶望の大怪我となり、チームの成績も急降下、一部リーグへと降格してしまう。クロチェフには「一年間転がるだけの選手」といった批判も多いが、昨年発売されたDVD「クロチェフ全ゴール集~砂の城~」を見ても明らかな通り、獲得したPKはほとんどが妥当なものであり、彼のゴール前でのバランス感覚と、相手ディフェンダーのいやがる所にポジショニングを取る嗅覚から生まれたものである。また、その誠実で謙虚な人柄は彼に苦しめられた他チームのファンからも一目置かれていた。クロチェフは一年のリハビリを経て97年シーズン半ばに怪我から復帰。しかし完調にはほど遠く、この年のゴール数は9、PKはゼロであった。99年シーズン前に監督交代を巡るゴタゴタから、かつて彼を指導したチチを追ってフランスのレンヌに移籍。スーパーサブという扱いながら10ゴール(うちPKが7ゴール)というまずまずの成績を残す。以降、オセール、ナントとフランスを渡り歩くが、目立った成績は残せず。03年シーズンにナホトカへ復帰。スピードの衰えは隠せず、中盤で起用されることや、PK獲得を狙って試合終了直前に投入されることも多かった。04年シーズンにはPKを失敗することが目立つようになり、シーズン終盤からは他の選手に譲るようになる。チームメイトのロドリコ・チェスはこの年24ゴールで得点王となったが、うち13ゴールがクロチェフの獲得したPKであることは有名。05年シーズン終了を機に引退。半年後にロシア代表対ナホトカという形式で行われた引退試合でも前半と後半に一つづつPKを獲得し、有終の美を飾った。「私は一流ではなく、二流でさえないかもしれないが、何度かファンを喜ばせることはできた」という彼の引退時のコメントは、一部リーグが中心であったとはいえ、ソ連/ロシアリーグで通算200ゴールを決めたストライカーとは思えないほど慎しいものである。解説者を経て07年よりナホトカ・ユースのコーチ。ファンからは将来のトップチーム監督就任を嘱望されている。

 

2008/11/25 - 2008/11/26

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 第一回ナンセンス・プレゼンテーションの会
テキスト一覧
父の仕事:ラブレターの代筆 >