youkoseki.com

記憶はクラウドの彼方へ

 テレビ、パソコン、スマートフォンから流れてくる、止まることのないニュース、トレンド、ゴシップ……増え続ける情報の波にどう対処すべきか、その難問に答えたのが記憶のデジタル化だった。バイオメモリー社が側頭部に埋め込むメモリーチップを量産化したことを皮切りに、記憶をデータとして保存することが急速に一般化したのだ。なにしろ一度保存しておければ忘れないし、検索も簡単にできる。もう元には戻れない。

 

 初期のメモリーチップは高々数十ギガの容量だったが、激しい市場競争は自然と多機能化、大容量化へと繋がる。目に入るもの、耳に入れたものはもちろん、その場では目にしなかったことまで、全てをデジタル化して後で確認できる、いわゆる全入時代が到来する。そうなるとボトルネックは、大量のデータをさばく処理能力のほうだ。つまり、いったんすべてのデータを取得しておきつつ、そこから何を「発見」するかが肝になる。問題は、高性能プロセッサを載せようにもメモリーチップの大型化には限度があること。クラウド化に繋がるのは当然の帰結だった。

 

 この業界に最後発として参入したライブクラウド社は二つの革新をもたらした。一つは前述した通り、メモリーチップのクラウド対応。チップ側に処理能力がなくても、あるいはメモリーの保存容量さえ限定的でも、どんどんクラウド側へ転送することで補うことができる。人が見たものをクラウドが処理し、発見したものを人にフィードバックしてくれる。全処理時代のはじまりである。チップはどんどん小型化し、廉価になった。

 

 もう一つの革新は非侵入型を実現したこと。耳の裏に貼るだけで脳波をスキャンし、データをクラウドに転送する。簡単に言えば、シール一枚で記憶力が並外れて良くなるのだから、メモリーチップを気味悪がっていた人達も躊躇う理由はもはやない。精度やデータ量はバイオメモリー社の埋め込み型より劣るが、結局みんな過去の記憶をそれほど深く参照するわけではないのだ。

 

 ギークやビジネスパーソンだけでなく、今や老若男女、チップを付けない人間を見つけるほうが難しかった。あわせてライブクラウド社はチップをこれまでの売りきりモデルから、通信量やサービス内容に応じた月額課金モデルへと移行し、これは同社の莫大な収益に繋がった。先週のことまで振り返られれば十分という人はフリー。一年前のことまで振り返りたい人は一月十ドルのプレミアムライセンス、全てのデータを常に他のデータソースと参照しあいながら分析し続けたい人は価格応相談のプロライセンス、というわけ。

 

 そうして私達は超人になった。本をぱっとめくっていけばいつまでも覚えていられるし、友達や同僚とは無限に世間話をできるようになった。なにしろ知っていることはいくらでもあるし、話せば向こうもいつまでも覚えておいてくれるのだ。私達はかつてなく他人と繋がり、一体となることができるようになった。

 

 そんなライブクラウド社が今朝倒産したのに、騒いでいる人はほとんどいない。なんでもハッキング被害にあって、多くのデータが盗まれ、おまけに元のデータはサーバーから消されてしまい、復旧できなくなってしまったという。誰もそのことを騒がないのは、ライブクラウド社にとっては不幸中の幸いだった。なにしろ自分たちがライブクラウドのチップを使っていることさえ忘れてしまったのだから。過去を失ったとき、過去を失った人間はその事実さえ認識できないのだ。

 

 だから私が言えることはただひとつ。玄人は今でも埋め込み型バイオメモリー製チップを使って、自宅サーバーにバックアップを置くのが一番ということだ。

 

2015/04/01 - 2015/04/27

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< ゲームのない日
僕のウォッチ >
テキスト一覧