youkoseki.com

穴の話

 横を向いて歩いていたら、うっかり落とし穴にはまってしまった。僕はまだ朝起きたばかりで、顔さえろくに洗わず、右目のふちには目やにが残っていた。昨日は二時まで試験勉強をしていた。深夜番組を見るのと交互に。見飽きたコマーシャルがテレビに流れている間は、有機化学の問題を解いていた。アルコールとか、アルコールでないとか、そういう問題だった。ウォッカはメチルでしょうかエチルでしょうか、マルガリータの語源はなんでしょうか、なんて問題なら面白いのになと思いながら、僕はテレビを観ていた。司会と問題提供者と解答者に素人を起用するという、恐らくは画期的な素人参加型クイズ番組だった。素人構成型とでも言うべきか。司会を務める太った小男は、ここ三週間司会を続けていることもあって、そこそこ様になって見えた。そろそろ素人に見えないということで、来週あたりには新しい素人が新しい司会の座につくのだろう。解答者は週替わりで集まる、全くただクイズ好きの素人達五人だった。そこまでは悪くなかった。ただ、街の素人がカメラを向けられて咄嗟に出す問題だけは、見られたものじゃなかった。一問目は信号待ちをしていた女子大生が出題した。

「ワインの産地で有名なのは?」

 僕は別にクイズに何の興味もない。ただ、クイズで出してはいけない問題の属性ぐらいは知っている。例えば、答えが限られていないこと。

 一問目は大手電機会社に勤務する会社員が「ボルドー」と答えて正解になった。その前に「フランス」と答えた主婦は間違いとされ、最後に賞金やプレゼントと交換出来るこの番組の得点「リソース」を20失なった。会社員は初期リソース100に正解リソースを5、それから横取りリソースとして主婦が失ったリソースの半分である10を加えた。残りの半分は次以降の問題へとプールされる。正解報酬より間違いのペナルティがはるかに大きいのがこのクイズ番組の特色だった。「既存のありとあらゆるクイズ番組に挑戦する」と番組の冒頭で毎週語っている通り、斬新なシステムだった。そしてこれらのルールは毎週司会者の意向でころころと変えられた。先月など司会者が思いついた「ジャンプアップクエスチョン」という名前の問題を解いたOLが、2800ガルビを手に入れ、その一問で優勝した。先月の得点単位はガルビだった。先々月はポスティーナ。

 第二問は下校途中の女子高校生が出題した。

「去年死んだうちのネコの名前は?」

 僕は穴の中にいる。横を向きながら歩いていたせいだ。誰が作ったかずいぶん深い落とし穴で、声をあげているのに誰も気付いてくれない。どれぐらい叫び続けただろう?暗くて腕の時計も見えない。

 

2001/11/07

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< ハロー・グッド・バイ
流れるプールに流されて >
テキスト一覧