youkoseki.com

長崎くん

 ある日のこと。会議から戻る途中、幼馴染の長崎くんから着信があったことに気付いた。僕は右手に持った携帯電話を開いたり閉じたり、かけ直すかどうかためらったが、そうこうしているうちにまた携帯電話が光り出した。

「もしもし」

「ああ、長崎だけど」長崎くんが言った。「仕事中か」

「うん、まあ平日の午後三時だからね」僕は言った。「どうした」

「死にたい」長崎くんはそっと言った。

「そうか」

「世の中はろくなもんじゃない」

「そうかな」僕は言った。

「いい世の中だと思うか?こんなところが。テレビ見てるか?」

「忙しくてあんまり見てない」

「嘘だね。目を背けてるんだよ、ひどい現実からさ」長崎くんは早口で続けた。「排水口に油を垂れ流しておきながら、都会の水はまずいとか言うような奴らばっかりさ。それから、搾取。搾り取ると書いて搾取だよ。地主と小作人の関係は、今日においてますます巧妙に隠され、生き永らえているんだ。考えたことあるか?金持ちはみんな搾取してるんだって。罪悪感を感じないように、自分たちでもそれと気付かないような方法でね」

「今日は荒れてるね」僕は言った。「どうかした?」

「世の中に絶望したんだ。絶望って意味分かる?絶望したんだよ」

「どうかした?」

「どうもしないよ」長崎くんはスイッチが切れたみたいに、急に冷静な声に戻って言った。

「どうかした?」

「何も」

「今日も競馬?」

「そうだ」長崎くんは言った。「絶対に勝つはずだったんだ」

「そうか」僕は短い言葉で、なんとか同情を示そうとした。

「ひどい世の中だ。生きててもいいことなんて何もない」

「そうかもしれない」僕は言った。

「一万円貸して欲しい」長崎くんはそっと言った。「週末は外さない。必ず当たるんだ。情報化社会では、情報を持った者が勝つんだからね」

「分かった」僕は頷いた。僕の財布にはけっこうお金があった。

「Thank you」長崎くんは言った。彼の英語の発音はとてもいい。十代のころ、七年間もボストンに住んでいたのだ。

 

 その週の土曜日、長崎くんは百万馬券を当てた。百円が百万円になる配当の馬券である。トラブルジョーにタカサキマックという、まともに走れそうもない馬が一位と二位を奪ったのだ。長崎くんはタカサキマックがどのように馬群大外から現れ、トラブルジョーがいかに後方からの追撃をかわしたか、絵を描くような勢いで僕に説明しながら、フグ鍋を気前良く奢ってくれた。

「来週はもっと確実なんだ」長崎くんは別れ際にそう言った。「圧倒的じゃないか」

 

 以来、半年が経った。彼からの連絡はもうない。

 

2006/04/08 - 2006/04/10

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 見えない大学 : コンビニエンス・ストア
テキスト一覧
夢の女、夢の僕 >