youkoseki.com

ひどい店

 朝の出社時間、最寄り駅まで早足で歩いていたら、大通りから一本入った路地に行列が出来ていた。こんなところに何の店があったかな。何にせよ、朝からこれほどの行列が出来るとは、なかなかのものである。後で調べてみるか、と思った。

 

 職場の昼休み、同期に話をしてみたら、すぐにピンと来たようだった。「あー、あれですね、いまめちゃくちゃ話題のところですよ」

 なんの店なんだろう。

「私も知らないんですけど、ネットですごい騒ぎになってるんですよ。なんというか、すごく評判が悪くて」

 評判が悪い? 良いのではなくて?

「悪いんです。待たされて、接客もひどくて、売り物も高くて、質も悪い、みたいな。私も自分で行ったわけじゃないんで、なんの店だか分からないんですが」

 そんな話をしていたら、流行りに詳しい後輩も話に加わってた。

「あの店の話をしてます? もちろん行きましたよ。いやあ、本当に最低最悪の店です。ネットで炎上するのも当然ですよね。すぐに潰れると思いますよ」

 でも今朝は行列だったよ。

「すぐに潰れるだろうから、今のうちにみんな見ておこうとしてるんですよ。先輩もみんな早く行ったほうがいいです。あれだけひどいのはめったにないですから」

「せっかくだから、週末一緒に行きましょう」と同期は言う。

 じゃあそうしよう、と私は言う。

「いいなあ、私もまた行きたくなってきた」と後輩は言う。

 

 実際、店はひどかった。評判の通りで、何一つ擁護できるところはなかった。これだけ批判されるのも当然だ。

「ね、言った通りでしょう」と後輩は言う。「私も来週、地元の友達が来るんで、連れて行くことにしたんですよ」

「騒ぎが収まらないので、来月には近くに二号店が出来るって話です」同期は言う。

 じゃあ、今度はそこにみんなで行くか、と私は言う。

「ぜひそうしましょう」と同期と後輩は言った。

 

2022/02/16 - 2022/02/21

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、この文章はフィクションであり、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中。

その他のテキスト


深夜の交番に、慌てた様子の女が現れる。「助けてください」と女。「さっき、路地裏に虎が現れて、私はなんとか逃げたけど、友人は噛みつかれて」……

2021年よ、さようなら
「ごめん、今年もちょっと難しそうだわ」と私はAに言った。十二月の頭のことだった。……

人間の認証マーク
朝起きてスマホを見たら、動かない。画面が真っ暗なのである。充電が切れたかとケーブルを繋いでみたら、何の問題もなく画面がついて、充電は完了していますと表示が出た。とはいえ操作はできないまま。どこかが壊れたのかもしれない。……

会話税
四月の頭、ニュースで見た通りに郵便屋が荷物を届けに来た。……