youkoseki.com

偶然のオフサイド 2

 深夜、街の外れのコンビニに泥棒が入った。泥棒は彫刻刀のようなものを片手に店員を脅し、レジから五千円を奪って逃げた。犯人はナイキのキャップを被った小男で、恐らくは三十過ぎだった。

 その店に泥棒が入ったのは、これが初めてではなかった。二度目でさえ無く、それは三度目のことだった。水曜日の二時頃と、曜日時間までいつも同じだった。いつも同じナイキの小男で、いつも五千円だけ盗むのだった。男は無口で毎度「金を出せ」としか言わなかった。店員もいつも同じ、アルバイトの大学生だった。いつも彫刻刀を胸元に突き出され、警報機を押す勇気無くレジを開けるのだった。

 そうこうするうちに火曜日がやって来て、ほどなく水曜日になった。大学生は今日も同じ夜勤だった。だが、いつもは一人のところ、今日は店長が付き添っていた。四十前の男で、レジに立ったり、店裏の事務所に戻って防犯カメラを見つめたりしていた。警察から最寄りの交番の番号を教えられ、その番号を自分の携帯電話の短縮ダイアルに登録していた。「二分でかけつけます」新米らしい警官は言った。「でも流石に、もう来ないとは思いますが」

 果たして二時頃、男は来た。店に入ったそばから彫刻刀を右手に持ち、店員と目を合わせるや「金を出せ」と言った。いつもと違うことがあるとすれば、それは帽子を被っていないことだけだった。店内にはマンガを立ち読みしている学生が二人いた。彼等は、犯人がまたやって来るのではないかと思い、興味本位で待っていたのだ。「もう来ないって」背の低い方の学生はそう言い、二人は昼食一回分を賭けていた。

 パン類を補充していた店長は、棚に身を隠したまま携帯電話を取り出した。学生達はマンガを無造作にラックへ置き、スナック菓子コーナーの陰から展開を見つめいてる。「早く金を出せ」男は言った。店員は小さく頷くと、ポケットから小銃を取り出した。そして撃った。銃弾は逸れて肉まんを温めるガラスケースに当たり、それはガシャーという派手な音と共に砕け散った。小男は慌てて尻餅をついたが、店員は落ち着いていた。彼は一歩踏み出すと、もう一度引き金を引いた。銃弾は今度は逸れることなく、小男の左腿に命中した。「うわあ!」と男が叫んだ。

 

2003/07/29

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< 偶然のオフサイド 1
偶然のオフサイド 3 >
テキスト一覧