youkoseki.com

偶然のオフサイド 1

 午前八時、少し過ぎ。通勤サラリーマンで満員のバスに一人の老人が乗り込む。「ちょっと前に行かせてくれんか」と乗るなりその老人。明らさまに迷惑そうなサラリーマン群をかき分け、おぼつかない足取りで前へと進む。その間もバスは舗装された道をするすると滑る。終点はJRの駅、そこまで残り十分といったところ。この街は典型的ベッドタウン。多くの乗客は、既に更に遠くから通勤するサラリーマンで一杯の電車に乗り替え、都市へと向かうのだろう。

「動くな!」と声。威勢を出そうとしたが弱々しい声だ。見ると老人がバスの先頭で、猟銃のようなものを運転手に突きつけている。「私の言う通りにしろ」と低い声で老人。運転手は頷く。髪を中途半端に伸ばした、若い男だ。「それから、こっちには近寄るな」老人、付近のサラリーマンに指示する。面と向かって言われたサラリーマンは一歩引くが、満員の車両、小さな一歩に過ぎない。その間もバスはゆるゆると進む。「そこを右」老人はバスのコースを外れるように指示する。

「何やってんだ!」後ろの方から怒号が聞こえた。恐らくは状況を理解していない男。「うるさい!」と一番前の乗客。老人は猟銃のようなものを、運転手と先頭の乗客の交互に振りかざす。「どこまで来た?」と老人。「美濃町のあたりです」と声を震わせながら運転手。「美濃町?」と小さく老人。大丈夫かこいつ?一部始終を見つめる前寄りの乗客達の、誰しもが思う。大丈夫か俺達?

 外では中年の女性が、犬を散歩させている。小学生が通学を始めている。全然系統の違うバスが走っていることに気付かないのだろうか?その先頭で老人が猟銃のようなものを振り回しているのが見えないのだろうか?「そこをUターン」と老人。「Uターン?」思わず乗客の一人が言う。運転手は黙って頷いている。ハンドルを強く握って。

 くるりと百八十度回転するバス。「そう、そこ」と老人。「そこがすごくいい」交差点の角の煙草屋、その隣は空き地。「そこで止めてくれ」老人は言った。きゅっ、と運転手がブレーキを踏む。「ありがたい」と老人は言って、下りた。

 それから、バスは大急ぎで駅へと向かった。

 

2003/07/29

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< そう
テキスト一覧
偶然のオフサイド 2 >