youkoseki.com

定額フレンズ

 週末、いつものフレンズと、いつものようにドライブに出かけた。温泉に行って、うまい蕎麦を食べて、帰り道。今日も運転をするのはリョージで、いつもどおりタケとジュンヤを先に下ろしたあと、僕を家の前まで見送ってくれた。

 

 僕はスマホで手早く、タケとジュンヤのレビューを済ませた。タケはいつも通り時事ネタに強くて、面白かった。ジュンヤは温泉で下ネタを何度も言ってたけど、スベっていた。

 

 車が僕の家に着いた。「ありがとう、来月はどこへ行こうかな」僕が言うと、リョージは「そのことなんだけど」と言った。

「来月から、俺、レベルが4に上がるんだ。そのことを伝えなきゃ、と思って」

 

 リョージは気まずそうだった。彼の言いたいことは分かった。僕の契約は、グレード3プラン。レベル3までのフレンドを、3人まで、週に1度呼び出せる。

 リョージがレベル4になったら、今までのように呼び出すには、毎月のプランをアップグレードするか、追加料金を毎回払わなければいけない。

 

「ほら、俺は車を持ってるし、運転もまあまあうまいし」リョージは言った。「フィードバックも結構いいほうで、自分で言うのもなんだけど」

「それは、こっちが送ったフィードバックだろ」僕は思わず言った。

「まあ、そうかもだけど」リョージは言う。「でも俺、あまり言ってなかったかもしれないけど、平日もけっこう他のフレンドやってて、そこでも評判が良かったから」

 初耳だった。信じられない、僕はそう思ったけど、黙っていた。

「もしまた、次会えたら」とリョージは別れ際に言った。そうならないだろうけど、という口調だった。

「そうだね」と僕は答えた。

 

 家に戻って、僕はプランの料金を再確認した。グレード4はグレード3の倍くらいする。そんな余裕はなかった。月に一度くらいなら追加料金を払って呼べるかもしれない。それが精一杯だった。

 

 ところが翌月、景気のいいことが起きた。職場で昇進して、ささやかながら給料が増えたのだ。「将来のために貯蓄しとくんだぞ」と上司は言ったが、僕が考えていたのは、プランをアップグレードすることだけだった。

 僕はその日のうちに、職場のトイレで、プランをアップグレードした。

 グレード4。レベル4のフレンドを2人含む、最大4人までのフレンドを、週に2度呼び出せる。つまり、これで初めてフレンズと泊まりの旅行が出来るわけだ。

 

 そういうわけで、僕は翌週もいつものようにフレンズを呼んで、いつものようにドライブに出かけた。「こんなに再会が早いとはね」とリョージは言ったが、僕は笑ってやりすごした。

 タケは景気の話をして、ジュンヤはくだらない下ネタを連発していた。いつもどおりの光景だったが、違うのは、今回の温泉旅行は泊まりだということだった。

 そして新しく、レベル4のハナがフレンズに加わった。グレード4の特権、4人目のフレンズ。長い付き合いの僕たちを相手に、ハナは初対面と思えないほど、あっというまに打ち解けた。

 

 タケは温泉近くの焼肉屋を予約して、僕の昇進を祝ってくれた。

「長い付き合いになるけど、こうやって活躍してくれるのは嬉しいよな」彼は言った。

 僕達は次から次にビールを飲み、肉を食べた。

 それから近くの酒屋でさらにアルコールを買い込み、旅館に戻って、スナック菓子をつまみに、ハナが持ってきたタブレットで一緒にNetflixを見た。

 

 アルコールがなくなると、みんなは自然と布団で横になった。僕は酔い覚ましに外へ出ると、ハナがついてきた。「散歩?」と彼女が聞くので、うん、と僕は答えた。彼女はさっと僕の手を握った。

 同時に、スマートフォンが通知で震えた。画面には細々とした情報が表示されていたが、要するにそのメッセージは「恋人プランを契約しますか?」ということだった。

 それは二年契約で、自動的に更新されるという。値段はびっくりするくらい高かった。フレンズならグレード5か6か、それくらいの値段だ。とてもフレンズのプランとは両立できない。

 車の免許もとらないといけないな、と思った。

 

2019/06/17 - 2019/06/19

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、この文章はフィクションであり、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中。

その他のテキスト

内定デースケドガー
「そういうわけで、今年の営業部の新卒採用ですが……」会議室にスーツ姿の男たちが集まり、人事部長が前口上をはじめる。 ……

輝く受験ボックス
大学受験まであと少しだというのに、高三はじめての模試で最悪な点をとってしまった。当然、ボックスの輝きは小さくなり、いまにも消えそうであった。 ……

無能警報機
朝、会社に行ったら、フォンフォンと警報音がオフィス中に鳴り響いていた。見ると社長が机の上でなにやら機械をいじっており、そこから警報音が聞こえてくる。 ……

近代店舗建築の父、マ・イバスケット
近代店舗建築の父と呼ばれる巨匠、マ・イバスケットは、従来の店舗建築の概念を著書「夢見る都市」で再構築し、未来の店舗を司る三要素として「赤のファサード」「緑の軒」「小さなエントランス」を挙げた。また、日常生活には生鮮食品を取り扱う小型店舗の存在が不可欠であると説き、無数の小型店舗が都市部に群生することで、どこからでも徒歩で類似の店舗へと辿りつく「循環する街」を提唱した。数字の5に強い思い入れを持ち、5のつく日はポイントを増やすことを訴えた。同時期に活躍した建築家セブンイレ・ブンとは異なり、都市には夜が必要であると主張し、24時間営業には否定的であった。 ……