youkoseki.com

こんにちはタイムカプセルまた

 正月に帰省したら「これはもう捨てていいのか」と母が私の古いリュックサックを持ち出してきた。大学時代にいつも使っていた、収納性ばかり重視してファッション性の欠片もない黒いリュックサック。いまこの実家にあるということは、社会人になって一人暮らしをはじめたタイミングでそのまま残してきたらしい。

 

 特に思い入れがあるわけでもないので捨ててしまおうと思ったが、念のためちょっと中を見てみるとそこはタイムカプセルになっていて、尖った鉛筆が五本ばかり入った筆箱とか、事務書類の入ったクリアファイルとか、誰か同級生から旅行に行った土産にと貰った記憶のあるバルセロナの絵葉書とか、書き上げた電子回路のレポートとか(なぜ提出しなかったのだろう?)、そうしたものが十年ほどの時を経て詰まっていた。そしてその奥底に、田内麻紀からのラブレターがあった。

 

 田内麻紀は研究室の後輩だった。特に親しいというわけでも、親しくないというわけでもなく、卒業してからは一度も会っていなかった。彼女はいつこの手紙を鞄に忍ばせたのだろうか。十年ほど前なのだろう。軽く計算してみたが、当時はすでに携帯電話があった。スマートフォンではなかったけれど、伝えることがあれば、電話だってメールだってできたはずだ。もっとも彼女にしてみれば、手紙が読まれるまでに十年の時間を要するとは思っていなかったのかもしれない。

 

 彼女に連絡をとるべきだろうか。今どこでなにをしているのだろう。彼女の名前で検索すると、答はあっさりと見つかった。研究の道に進んだようで、東京の私大で助教をしている。名字は変えていないが、すでに結婚しており、男の子供二人に囲まれた写真も出てきた。昨日は中目黒のピザ屋にチェックインして、クアトロフォルマッジを食べている。私は母に見つからないよう手紙を片付け、残りをリュックサックごとゴミ箱に突っ込んだ。

 

2016/01/17 - 2016/01/18

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< ロボットたちの仕事
東京ウェイティング >
テキスト一覧