youkoseki.com

持ち込み可

 俺が大学生だった時、なんでも持ち込み可の試験に遭遇したことがある。講義によってはノートや辞書、電卓の持ち込みが可能な試験は珍しくない。しかし、なんでも可というのは聞いたことがなかった。「なんでも持って来ればいい」教授は試験の前の週、確かに言った。「とは言え、替玉受験は禁止だ。だから他人を持ち込むのは駄目だ。机からはみ出るほど巨大なものもいかん。武器を持ち込んで他の学生を排除するのももちろん問題だ。法と憲法は守れ。しかし、それ以外ならなんでも持ち込み可」

 

 もっとも、そう聞いて喜ぶ学生は少なかった。電磁力学の難しい講義だった。教科書やノートを読めば方程式は分かるが、それ以上のことは分からない。試験に何度も同じ過去問を使い回す先生も少なくなかったが、この講義は別で、毎年よく練られた新しい難問がずらりと並ぶ。大学院生が使っている電磁力学の専門ソフトをノートパソコンに入れて持ち込もうとする者もいたが、あと一週間で使い方をマスターできるとは思えなかった。

 

 そういうわけで、俺は携帯電話を借りた。叔父が電話会社に働いていたので、頼み込んで一日だけ貸してもらうことにしたのだ。一リットルの牛乳パックくらいの大きさで、重さもそれくらいあったと思う。続いて、サークルの後輩に物理学の神童がいたので、彼の力を借りることにした。試験が始まると彼に電話をして問題を説明し、解けたら折り返し電話をしてもらうという手筈だ。

 

 試験当日、俺が肩から携帯電話を下げて教室に入ると、既に部屋にいた学生はどよめきの声をあげた。大半がその時、初めて携帯電話を見たのだろうと思う。すでに教壇にいた教授も、こころなしか動揺しているように見えた。もちろん、それは勘違いだった。試験のあった物理第二教室は、地下二階の圏外だったのだ。

 

2008/07/20

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 夏目漱石「こころ」を読んで
テキスト一覧
私、口裂け女だけど >