youkoseki.com

ある2ちゃんねらーの生と死

 ある2ちゃんねらーの男が人生に絶望し、自殺を思い立った。男は2ちゃんねるに自殺予告スレッドを立てた。タイトルは「1000まで行ったら自殺します」。本文は「一番書き込みの多かった方法で」。スレッドはすぐに落ちた。14番目の書き込み「過疎ってるな」が最後だった。

 

 翌週、男はまたしても人生に絶望し、今度こそ自殺しようと決意した。男はまたも2ちゃんねるに自殺予告スレッドを立てた。タイトルはシンプルに「自殺します」。本文は前回と同じ「一番書き込みの多かった方法で」。今回はすぐにレスポンスがあった。それも大量の。「生きろ」というのがその大半だった。「百年ROMれ」「孫に囲まれて老衰で死ね」といった書き込みもあった。自殺の方法を書く人は誰もいなかった。スレッドはそのまま1000まで到達した。

 

 男は感激して、新しくスレッドを立てた。タイトルは「自殺はやめます」。本文は「ありがとう、みんなのおかげで生まれ変わりました」。やはり、すぐにレスポンスがついた。「迷惑かけやがって、死ね」。

 

 それから警察がやってきて、男はたっぷり説教を食らった。

 

2009/02/25

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< 父の仕事:お菓子の密輸
肉じゃが天国、肉じゃが地獄 >
テキスト一覧