youkoseki.com

くるみ割り人形の快調な朝

 変な夢を見た。二人組のストーカーに追いかけ回される夢だ。二人組って、三人でデートでもしたいのか。でも、一人は西川純子みたいで、凄くタイプだった。とりあえずそれは夢の話だ。カーテンを開けると、光がまぶしかった。外はいい天気だ。珍しく、頭もスッキリしている。今日は学校をサボろう。

 

 僕は常々思う。普通の日に学校に行くのは構わない。体調不良の日に休むのは当然だ。ただ、どうしてこう、調子のいい日にまで学校に行かなければいけないのだろう?数学数学古典体育、物理英文法、で終わる一日。部活動に所属していないのがせめてもの救いだ。仕方が無いので、法整備が整うまで病欠をこれにあてる。お陰で気分の波が激しい僕は、学校ではめっきり病弱扱いになっている。

 

 こういう日、普段からバス通学の僕は、途中の商店街で降りるのが普通だ。まず、バスの車内で知人と会わない様に心掛ける。制服の無い学校を選んで良かった。無事についたら、まずコンビニでマンガ雑誌を読む。それだけでは悪いので、缶コーヒーを買う。そして、外れにある小さな児童公園のベンチで飲む。「幸せだなぁ。」とひとりごちる。

 

「あれ?何してるの?」こういう時、声をかけられると本当に驚く。僕は慌てて顔を上げた。検索に時間はかからなかった。「あ、藤川?久しぶり。」「久しぶり。で、何?サボリ?」藤川は小・中の同級生だ。小学生の頃は、よく一緒に遊んだ。僕は笑って答えた。「そ、サボリ。なんか調子良くてね。」藤川も笑った。藤川はいつもぎこちなく笑う。しかし、それはただの癖である事を僕は知っている。「そういう藤川は学校こっちだっけ?やっぱりサボリ?」藤川の笑みは、更にぎこちなさを増した。「ま、そう。サボリかな。うん。」

 

 僕達はベンチに並んで座った。それから僕は自分の哲学を、藤川に話した。「こんなにいい天気の日はさ、休みにすべきだって、絶対。そう思わない?」藤川は少し困った様な顔をした。少しだけだ。だけど僕はそれを見逃さなかった。「あれ?思わない?」「いや、そうかもしれない。でもさ、ホラ、僕は学校行ってないから、最近。」今度は多分、僕が困った様な顔をした。そして藤川はそれをすぐに察した。「何て言うのかな、つまり、いじめ、というか。今日も行くつもりだったんだけどね、何だかまた嫌になって。」そう言うと藤川はまた、ぎこちなく笑った。「学校自体には行きたいんだけど。なんか優等生っぽいかな、これ。」

 

「でも、学校なんてさ、つまらないよ、実際。だからサボる訳だし。」僕は笑ってみた。「フォローになってないけど。」本当にそうだな、と思いつつ僕は付け足しだ。少し沈黙の間が流れた。藤川が思い出す様なフリをして言った。「この前さ、中学の頃の同級生がさ、女の子紹介してくれる、って言ったんだ。ホラ、村上がさ。」「あぁ、村上。」すぐに調子の良さそうな顔が思い浮かんだ。「村上が言うにはさ、本上まなみ似の美人、って話なんだけど、どう思う?」僕は今度は心から笑った。「それは無いって、絶対。村上が言ってたんだろ?無い無い。」藤川も笑った。「だろ?いや、分かってるんだよ。でも、やっぱりちょっとだけ見たく無い?ひょっとしたら、とかさ。」「無いよ、絶対。」僕は即答した。「いや、でも、やっぱりちょっとは見たいかな。」「だろ?」藤川は再び笑った。僕も笑った。

 

「やっぱり、俺、今から学校行くよ。」僕はコーヒーの残りを飲み干して立ち上がった。「ムリしなくていいんだって。」「ん、じゃあやっぱりやめる。」「それよりもさ。」藤川も立ち上がって言った。「サボった時にいつも行くゲーセンがあるんだけど、そっち行かない?」「あ、そっちがいい。それで行こう。」僕は空き缶をゴミ箱に向かって投げた。缶はゴミ箱の縁に当たって、外に落ちた。「じゃ、行こう。」藤川はその缶を拾って、ゴミ箱に入れた。

 

1999/03/18

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です【ネイティブ広告】

このページにある全ての記述は、特に明記のない限りフィクションです。また著者である小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加
< パーフェクト・ドライヴ
最後の物語 >
テキスト一覧