youkoseki.com

文体練習コピペ

昨日、S系統のバス乗ったんです。バス。

そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱいで座れないんです。

で、よく見たらなんかソフト帽をかぶった二十六歳くらいの男が、

誰かが横を通るたびに隣の奴が乱暴に押してくる、とか言ってるんです。

辛辣な声を出そうとしてるけれど、めそめそした口調になってるの。もう見てらんない。

おまけに隣に立った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

お前らな、押した押さない如きでバスで揉めてんじゃねーよ、ボケが。

バスってのはな、もっと安穏としてるべきなんだよ。

女子供のこと考えて、すっこんでろ。

男は席があいたのを見て、あわてて座りに行くの。おめでてーな。

お前な、150円やるからその席空けろと。

ちょうど席が空いたので私は座った。

それからしばらくして、私は気づいてしまった……。

男は帽子をかぶっている……。

リボンの代わりをした紐つき……帽子……。

一方、男の首は引き伸ばされたようにひょろ長かった。

 

二時間後、サン=ラザール駅前のローマ広場で、朝の男と連れの二人組を見かけた。

なんか連れの男がデカイ声で

「貴様は〜〜〜!!

 だからコートにもうひとつボタンを付けたほうがいいというのだ〜〜〜!!

 この〜〜〜!」 ともう片方の首を絞めていた。

本当にありがとうございました。

 

2009/03/04 - 2009/04/17

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 文体練習をめぐる冒険
テキスト一覧
文体練習、春のコース >