youkoseki.com

コミュニケーションの現場 2

退屈な役者二人のためのとても短い脚本

 暗闇。

男の声「マスター、いつもの」

 明転。

 バーのようなところ。

 女が一人でスツールに座っている。時々、携帯電話を取り出して操作する。

 一人の男がいつもの(いっぱいのミルク、グレープがグラスに刺さったフルーツジュース、缶コーラなど、何か馬鹿馬鹿しい飲み物)を受け取り、女から離れた所に座る。

 ふと女の存在に気付いた男、女に目をやりながら、ちびちびと椅子ごと近付く。

男「まったく、参ったよマスター。今日も仕事でてんてこまいさ」

男「あの商談ならまとめたよ、鈴木くんと、いや、ほとんど僕一人でね」

男「明日はまたパーティだ。今季も成績が一番だったから表彰されるんだよ」

男「おっと、もう黙っておこう。この前、上司にも言われたのさ。『君が出世頭なのは誰から見ても明らかだが、だからこそ奢らずに人並以上に頑張らなければならない』」

 男、言いながら女のすぐそばまで寄る。

 女、男に気付く。

男「おっと、こんばんは」

女「こんばんは」

男「この店にはよく来るのかい?」

女「いいえ」

男「だろうね。初めて見る顔だ。僕はこの店、一番の常連だよ。そうだよねマスター?」

 間。

男「まあ、確かに三田村君を考慮に入れると二番目かもね。まあでも、彼をカウントするのはフェアじゃない。実質的には僕が一番さ」

 間。

男「ああ…仁科さんか。まあこの話はやめよう。君の血液型を当ててもいいかな?A型だろう」

女「それは可能性として一番高いですから」

男「ははは、なかなか聰明な人だ。一杯奢ろう。何がいい?」

女「大ジョッキ」

男「…マスター!こっちに大ジョッキ一つ!」

女「飲まないんですか?」

男「アルコールは臭いが嫌いでね」

女「ここへ何しに…いえ、いいです」

男「出身地を当てよう」

女「ちなみに血液型はABでした」

男「…これは参った、性格が悪いね。ABらしい」

 男、立ち上がって大ジョッキを持って来る。

女「血液型と性格に…」

 女、大ジョッキを受け取って飲む。

女「特別な相関性があることは実証されていません」

男「僕は僕の経験を実証している」

 女、ぐいぐいと飲む。

女「マスター、もう一杯」

男「やるねえ」

女「私の特技を当ててみて下さい」

男「特技…?料理」

 男、言いながらジョッキを交換。

女「マスター、この一杯はこの人(男)のお金で」

男「えーっと、何か…運動」

女「次の一杯も」

男「問題が難し過ぎるな!特技なんて、星の数ほどある」

女「わたしゃ、あんたの特技が分かるよ」(酔ってきている)

男「ほほう」

女「『なにもなし』」

男「おいおい、それはひどいな。こう見えてもスポーツならだいたい出来るし、ギターだって玄人はだし、これまでに読んだ本とこれまでに見た映画の数は、普通の人とはちょっと桁が違うよ」

女「そんなの特技じゃねえや。マスター、次!」

男「じゃあ、君は一体どんな特技だって言うんだ」

女「あっちむいてホイ」

 間。

男「へ?」

女「あっちむいてホイなら誰にも負けねえ。事実、負けた記憶がねえ」

男「それは確かにすごいね」

女「分かったならビール持って来いよ」

 男、ジョッキを交換。

男「じゃあさ、もし今日僕が君に勝ったら、君に土をつけた初めての人間となるわけだ」

女「土だって、馬鹿らしい」

男「挑戦してみてもいいかい?」

女「きっと泣くよ」

男「誰が」

女「テメエだよ。まるで全然勝てなくて、悔しくて悔しくて泣くよ」

 間。

女「それでもいいなら、どうぞ」

男「ジャンケン…」

女「マスター、とりあえずビール!」

男「いいかい?」

女「どぞ」

男「ジャンケン…ポン!」

 女、勝つ。

女「あっち向いてホイ!」

 女、勝つ。

女「どう?」

男「まあ、そういきなりは勝てないよな。ジャンケン…ポン!」

 女、勝つ。

女「あっち向いてホイ!」

 女、勝つ。

女「ビール持って来いよ」

 男、無言でジョッキ交換。

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

 間。

女「あー、歯応えが無さすぎて酒がまずい。マスター、もう一杯、今度は美味しいビールちょうだい」

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

 間。

男「…ジャンケンでまず勝てない」

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

 女、ジョッキを替えろというジェスチャー。男、無言で従う。

 男、ジョッキを持って来る。

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「ジャンケン、ポン!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

 女、ぐいぐいと飲む。

女「よえー。近所のメダカよりよえー。とりあえずビール!」

 女、きょろきょろと当たりを見回す。

女「あー、食べ物も注文しちゃおうかな。ポテトか…」

男「ジャンケン、ポン!」(不意に)

 男が勝つ。

男「あ!やった!勝った!勝ったぞ!」

 女、男を平手で打つ。

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「え、ちょっと…今、僕が…」

 女、男を平手で打つ。

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

男「あれ?ええと…?」

 女、男を平手で打つ。

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

女「あっち向いてホイ!」(女が勝つ)

 男、何も出来ず涙目。

女「マスター、ビールまだあ!?」

 暗転。

 

2005/12/29

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< コミュニケーションの現場 1
テキスト一覧
見えない大学 : 自転車 >