youkoseki.com

キラキラして星へ行く

 脱出のためのロケットは完成したが、問題は誰が乗るかということだった。乗ることができるのはたったの十人。

 

 そのうち二人は、ロケットの生産に出資した富豪にあらかじめ割り当てられていた。一番のお金持ちと、二番目のお金持ちだ。

 

 また、ロケットの操縦を行うパイロットと、整備を担当するエンジニアも必須だった。これで四枠が埋まった。

 

 国会では連日深夜まで割り当てについての議論が続き、政治家たちは政治家二人がロケットに搭乗することを決めた。

 

 富豪、エンジニア、政治家で占められた六人を振り返ると、全員が老人であった。宇宙の長い旅では人生経験が求められる、子供は足手まといとなる、というのが理由である。しかし多くの批判を受けて、二人の若者が特別に搭乗を許されることになった。若者たちはエッセイで審査をされることになり、この困難な時代において希望と夢を持ち続けることについて、キラキラした見事なエッセイを書いた者が選抜された。実際のところ、そうして選ばれた若者二人はどちらも医者の卵であった。

 

 最後の二人はマイノリティ枠となった。病気に苦しむ人が、困難に立ち向かう勇敢さを称えられて、ロケットに乗ることとなった。後で分かったことだが、二人とも搭乗する老人たちと仲の良い老人であった。

 

 そうして十人が乗ったロケットは地球に別れを告げた。残されたすべての人達は、不毛の地となった地球で静かな終わりを迎えるのだ。それにしても、と遠ざかるロケットを見上げながら私は思った。あの人達は男ばかりでどうするんだろう。

 

2019/02/05 - 2019/02/06

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、この文章はフィクションであり、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中。

その他のテキスト

出会う系アプリ:ディスティニー
先輩が結婚することになった。仕事あがりにしょっちゅう二人で飲みに行ってたのに、まったくそんな素振りがなかったから、ただただ驚きだった。 ……

水は飲むなよ
考えてたんだけど、水を飲むのってめちゃくちゃ野蛮な行為じゃないか。だって、水って限りある資源なわけでしょ。お金を出して買うにしろ、そういう限りあるものを、自分のためだけに使うってどうなんだろう。実際、これから水不足の時代がくるみたいなことが本にも書いてあった。水はあまり飲まないほうがいいんじゃないか。 ……

ティッシュくばらない
木曜日の夕方、会社帰りに道を歩いていたら、パチンコ屋の前にティッシュ配りの女が立っていた。女は丈の長いダウンジャケットを着込み、寒そうにしながら、右手にティッシュを、左手にティッシュがたくさん入った袋を持ち、行き交う人々と眺めている。 ……

スマホを見て歩こう
歩きスマホはやめろとか言ってもいまさら無駄だよね、と携帯電話メーカー各社は方針を変え、スマートフォンには今まで以上にたくさんのセンサが埋め込まれるようになった。これでスマホを見ながら歩いても、近くの障害物を検知して、警告を表示してくれるのだ。 ……