youkoseki.com

文体練習初代管理人

そんなわけで、S系統というバスがあって、混雑する時間だったのですが、

それに乗ってましたよ。。。と

 

んで、二十六歳くらいの、ソフト帽をかぶった男がいたわけですね。

編んだ紐を帽子に巻いているんですけど、リボンがわりだと思うのですよ。

首はひょろ長い感じです。

 

ここまでは問題ないです。

 

さて、バスなので乗客が乗り降りするわけですが、

男が、隣の客が押してくると、文句を言ったわけです。

めそめそと言っていたけれど、本当は厳しく言いたかったんじゃないかなぁ。。。

 

んで、席が空くと、男はあわてて座ってたんですね。

いやはや。。。

 

ほいで、二時間後、同じ男を、駅前の広場で見たわけですが、

一緒にいた男が、

「ボタンはボタンであるべきところにないと(コートを着込なすのは)難しい」

と言ってたんですね。

うーむ。。。

 

ってことで、オチのない話が流行しているので、流行に乗ってみました。

まぁ、そういう話なわけです。

 

2009/03/11 - 2009/04/17

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 文体練習代表監督コメント
テキスト一覧
文体練習字幕版 >