youkoseki.com

鎌田ふたたび

 京阪車内で死んだ鎌田にふたたび会った。中書島をすぎたあたり、とつぜん隣の車両から彼が現れたのだ。

「あれ?珍しいな」彼は言った。「京阪乗る人?おけいはん?」

 昼下がりの車内はがらがらだったが、うとうととしていた初老の男性が鎌田の声で目を覚ました。そして存在感のない、死んでいるのだから当たり前の話だが、それでいてアクの強い風体の彼を、遠目にじっと見つめている。

「そっちこそどこへ?」僕は座ったまま、彼を見上げて言った。

「楠葉」と彼は視線を逸らせながら答えた。

「何をしに?」

「ウィンドウショッピング、かねぇ。いい天気だったからね」そう言って、彼は弁明するような表情を見せた。「最近わりと暇でさ」

 僕は頷いた。

 彼も頷いて、一瞬黙り込む素振りを見せたが、結局はまたすぐ口を開いた。

「そうそう、選挙結果見たか」

「見たよ」僕は言った。

「圧勝だったな」

「そうだね」

「どうだ?」彼は立ったまま僕を見下ろして言った。

「どうだ、とは?」

「言った通りだったろ?圧勝って」

 ああ、こいつはこういう人間だったなあ、と僕は久々に思い返した。

 

2005/09/12

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< 死んだ鎌田
テキスト一覧
偶然のオフサイド 5 >