youkoseki.com

見えない都市 都市と音楽 1

 ハチほど複雑に入り組んだ街はそう見かけませんが、あの街ほど音楽に満ちたところとなりますと他に二つとございません。それは街に辿り着いた瞬間から分かることでございます。建物という建物に入る店という店から、溢れるように音楽が流れてくるのです。服屋からは服屋の音楽、薬局からは薬局の音楽、電器屋からは電器屋の音楽と、四方八方から止むことのない音楽に包まれる感覚を、私はあの街で初めて知りました。それはさながら陣地を奪い合う軍隊のようでした。音が他の音をいかに制圧するかの戦いでございます。勝利のために誰もが大きく目立つ音楽を選びますので、それらが混じりあった時に聴こえるのは、断片的にはそれぞれの音楽の特徴を持つものの、全体としてはなんであるかはっきりとしない、巨大な音楽の亡霊なのです。

 音楽を撒き散らすのは建物だけではございません。行き交う車という車からもそれぞれの音楽が聴こえます。あの街を走る車は特別に改造され、排気音のかわりに音楽を奏でるのです。幾つかの巨大な車は、音楽を発するためだけに街を巡回しております。もっとも、周囲の音楽に打ち消されるため、その巨大な音にも関わらず、それが一体なんの音楽であるのかを知る人間はいません。どのような意図でもってそれぞれが音楽をかけておるのかも分かりません。分かることは、音楽の戦争があまりに高まった結果、その街は音楽の無法地帯となり、生まれるのは不協和音だけで、勝者の音楽は一つとしてないということだけです。

 その街に足を踏み入れるのでしたら、もちろんそれなりの準備が必要でございます。何分あの音量は耳栓では防ぎきれませんので、多くの者が耳栓をした上で、そこに自分の音楽を流すことにしております。我々は個人の音楽を持つのです。我々は隣の者がなんの音楽を聞いておるのかも分かりませんし、会話をする場合は大声で話さなければなりません。建物の音楽はそういった個人に打ち勝とうと、ますます大きくなります。しかしあの街を音楽都市としているのは、なによりもそういった個人の耳元で生まれる、無数の音楽なのです。あの街には店と車の数だけ音楽があります。そして何より、個人の数だけ音楽があるのです。

 これだけ音楽が消費されておりますから、一方でもちろん多くの音楽が生産されております。音楽を売る店はその時々の音楽を街に流し、人々はそれに耳栓で抵抗しておりますが、耳栓から流れてくるのはまさにその店の音楽という次第です。誰もが大音量に疲弊しており、人々が好んで買うのはもっぱら癒しの音楽と呼ばれるものでございます。

 ですから、あの街の地下で見つけたバーは最初とても奇妙に見えました。狭い店内には三組の男女がおりましたが、誰も愛を語ろうとせず、注文さえ指図で済ませる始末でした。マスターは音もなく氷をグラスに入れ、割れ物でも扱うかのようにそっとシェイカーを振るのです。しかし長居をしている間に一組また一組と客が無言で帰り、最後にマスターが小声で「閉店です」と言った瞬間、私は人々が静寂を買いにここを訪れたのだと気付いたのでした。

 

2008/04/15

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が個人の立場で書いたもので、所属する組織などの立場や意見を示すものではありません。特に明記のない限り、この作品はフィクションです。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中です

< らば
テキスト一覧
623 >