youkoseki.com

土星から

 土星から奇妙な電波が届くようになったとき、もちろん世界中が大騒ぎになった。それは明らかに人為的な信号だと電波を分析した専門家たちは伝えたが、その意味については何ヶ月という時間をかけても解読することはできなかった。

 

 信号の中身は秘密とされたが、宇宙人を信じる急進的な一派が研究所を襲撃したことで、そのデータは世界中に公開されることになった。多くの人が躍起になって調べたが、それでも意味を解読できる者は現れなかった。

 

 電波は日が経つごとにさらに強くなり、素人が立てたアンテナでも受信できるほどになったが、反対に人々は土星への興味を徐々に失っていた。今や多くの人が土星人の存在を信じてはいたが、それは名前だけ知っていて連絡先を知らない遠くの親戚のようなもので、彼らと交流できる日が来るとは誰も期待していなかった。だいたい、すぐそこに見える月でさえ人類は半世紀近くごぶさたしているのだ。

 

 そういうわけで人類は技術力の限界を露呈させてしまったが、土星にはそれを上回るテクノロジーがあった。冬のよく晴れた日、電波が各家のテレビや電子レンジに不具合を及ぼすほど強くなったかと思うと、上空に宇宙船がとつぜん現れたのだ。ピカピカの、ステンレスのフライパンのような宇宙船で、取っ手の先からあの電波が発信され続けていた。

 

 有人宇宙船か無人宇宙船かは定かではなかったが、なにか地球に訴えたいことがあるのだろうとは誰もが感じた。ある者はそれが地球への宣戦布告だと言い、またある者はこれから地球を襲う自然災害の警告に来たのだと言った。

 

 世界中の専門家と世界中のアマチュアが、通信内容の解析に勤しんだが、シンプルなパターンであることは明らかなのに、未だ中身を理解することはできなかった。いや、これが通信の翻訳なのだと訴える人達はたくさんいたが、それが正解であることは誰も証明できなかった。

 

 宇宙船は地球の上空を一週間ほど飛び続けた。これは侵略なのか、撃ち落とすべきかと各国の政治家が頭を悩ませたが、ある日そのフライパンはふらふらと地上に降り立った。そして中からは、にわかに形容しがたい、土星人が現れた。土星人は開口一番に言った。「いやー、こんなに翻訳に苦労した星は始めてです」

 

「私はこのあたりの宇宙を順番に巡っているところなんです。先日からこちらにお邪魔しようとご連絡さしあげていたのですが、なかなか通信が伝わりませんで、ご迷惑をおかけしました」そう言うと、土星人はおじぎのような動きを見せた。

 

「それで、さっそくお願いなんですけど……名刺交換をさせてもらえませんか? いや、本当に、名刺だけで構わないんです。なにしろ、これが宇宙営業の最初の研修課題で……」

 

2020/04/22 - 2020/04/23

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、この文章はフィクションであり、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

星新一賞入選のロボット子育て小話「キッドイズトイ」はAmazon Kindleにて100円で販売中。

その他のテキスト

コロナの時代の愛
二人の脚本家がZoom飲みをしながらドラマの原稿を考えている。 ……

ダウンサイジング・ジャパン(終)
毎週金曜、夜の八時になると、街を歩く人はいなくなる。みんな家にさっと戻って、テレビにかじりつくのだ。ほんの少し前までテレビの時代は終わったなんて言われていたのに、今では日本中で何千万という人達が、大人気番組「ダウンサイジング・ジャパン」をリアルタイムで見ようと固唾を飲んでいる。 ……

三途川
小野田が三途川へ転職すると聞いた時は驚いた。同期の中で誰よりも優秀で、誰よりも仕事熱心で、誰よりも出世しそうだったのが小野田だったからだ。 ……

渋滞オークションに入札する
月曜の朝、いつも通り八時半に家を出る。「行ってくるね」と妻に伝えて車に乗り込むと、さっそく窓を遮蔽モードに切り替えて、先週買ったシューティングゲームの続きをはじめた。車内は真っ暗になり、私は天使となって、前後左右、天井にまで現れる悪魔を雷で打ち落としてくのだ。 ……