youkoseki.com

唯一神又吉イエスの世界経済共同体日本そして世界経済共同体

京大吉田南4号館30講義室で行われた、唯一神又吉イエス氏の講演会レポート。

 

13:05すぎ、「呼ぶ会」の会長が現れる。名前を名乗ると会場から拍手が。唯一神の要請により講演中は写真撮影禁止、そのかわり終了後に撮影会を行うとのこと。再び会場から拍手。また、用意していたポスターは完売したとの報。もう一度拍手。後日また販売の機会を設けるので、kyoto-u.comで連絡するとの話。アンケートとカンパのお願い。500部あったアンケートは全て配布してしまったそう。

 

超満員。立ち見が続々と増えている。場所が無いので壇上に座るギャラリーも。

 

袖から唯一神登場。大きな拍手が起きる。壇上へ笑顔で上がり、明るい声で「こんにちわー」。こんにちわー、と大きな声でギャラリー。唯一神が名乗ると、会場から盛大な拍手。唯一神、「呼ぶ会」やギャラリーに感謝の言葉。会場から拍手。

 

本日のお題発表。長くて良く聞き取れない。会場から困惑の声。「私が神です!」と力強い言葉。拍手。「よろしく!」拍手。「神の再臨です!」思わずギャラリーから、おおーっと声が。

 

政治が大事なんです!という言葉の繰り返し。誰かが、よーっ!と声をあげる。乗せられて会場から拍手が。政治家が政治を作ってる!という話。また誰かが声をあげ、拍手。「私がみんなの創造者です」ギャラリー、おおーっ。「総責任者です」「総監督です」おおーっ。そして拍手。「教会は私が作った!」おおーっ。また拍手。「私には責任がある、だから政党を作った!」誰かが声をあげ、拍手。

 

「今は金が全てになってる」という話題の途中、変なタイミングで誰かが声をあげ、話が止まる。以降、声をあげる人はいなくなる。

 

利益至上主義、自己中心の今日について。とは言っても、革命ではないと主張。「心配しないで」ギャラリーから安堵の声。「口で世界をひっくりかえす。任してください!」拍手がおきる。

 

アンケート、カンパを入れる封筒と共に事前に配布していたレジュメへ話題が移る。「唯一神がみんなにただで能力を与えてる」おおーっ、とギャラリー。さらにギャラリーから、ありがとうございます!との声。また拍手。能力は目的のために、ただであげている。誰一人能力の無い人はいない、という話。

 

「聖書に書かせてある通り…」という下りでギャラリーから驚きの声が。他人を大切にしなさい、という話。聖書では『愛』としていたが、今日『愛』は変な言葉になってきているので、『大切』にしたそう。自分を大切にするように他人を大切に、他人からしてもらいたいことをする、他人にしてもらいたくないことはしない、と力説。例えば、金持ちになっても、金が無かった頃を覚えておかねばならない。例えば、ホームレスを自分の立場で考えて欲しい。余ったものは人に与えなればいけない。「このことが理解出来たら、それが正解です!」拍手がおきる。

 

世の中を変えるためには、この中から政治家が出てきて欲しい、みんなで世の中を変えて欲しい、という話。「拍手しましょう」と唯一神。拍手がおきる。「これは私のためではなく、みんなのための拍手です」とのこと。再び拍手がおきる。

 

「農林漁業ほど楽しいものはない!」おおーっ、という声。拍手。今はみんな都会にのせられている、工業は破滅に繋がる、工業は補助産業である、と説明。「でも工業を甘く見てはいけないよ」ギャラリーから、どよよよ、と困惑の声。「朝鮮半島に行くにも工業は必要です」

 

みんなに同一水準の経済を、誰の老後も幸せにしなればいけない、という話。職業店職場交代制について。校長もトイレ掃除をしなければならない。コンピューターをずっとはじいてると元気がなくなるので、週の半分は農林漁業を。ギャラリーから、おおーっという声。「世界経済共同体日本・世界経済共同体のためには、校長だってそのうちトイレ掃除もすすんでやるようになる」拍手がおきる。「アンモニアで落ち着くようになる」ギャラリーから笑い。そして拍手。

 

経済上限と自然浄化について。経済に上限を設けて、自然環境を守らなければならない。でも無理はいけない。それを見極めるのが唯一神。

 

「マルクス、エンゲルスは忘れてよろしい」おおーっ、と声。拍手。「忘れなければならない」共産主義は資本家から資本を奪ったら、それでうまくいくと考えている。根拠がないし、間違ってる。馬鹿にしてるのではなくて、指摘している。

 

唯一神、休憩して水を飲む。「がんばっていきます」拍手。

 

奪うのではなくて、与えなければいけない。奪っては機能しない、という話。共産主義は人間の怠けや貪欲を無視してる。だから潰れた。新しい社会は天国と地獄を知る人間しか作れない。「悪い奴は地獄に叩き込む」拍手がおきる。「おわかりいただけたでしょうか」また拍手。

 

市場経済について。利益至上主義と言い換える。金が第一・金が全てという考えが生まれ、利益至上主義が悪・犯罪の元凶・原因になっている。経済競争のため、国や病院も方向性としては金のためになんでもやるようになってしまう。例えばマスコミ。利益のために卑猥になっている。例えばリストラ。社員を守らずに会社を守っている。「世界経済共同体日本・世界経済共同体はそんなことない!」拍手がおきる。

 

先日、背が低い妻と歩いていたらミニスカートの高校生にいかがわしい人と見られた、という話。会場から笑い。買春をしているように見られたのかもしれない。「唯一神の目は節穴でない」そのミニスカートの高校生もおもねるように前にやってきた。腕を重ねるジェスチャーをしながら「こんなふうに足を組んできた」会場から再び笑い。「口でやっつけました」おおーっ、という声。

 

ミニスカート問題について続ける。あちこち笑いがおきる。「裂けたようなスカートが流行っている」「後が裂けたスカート」「前が裂けたスカートもある」また笑い。「狂ってるんです」スカートは生地が少ないから、メーカーが流行らせている、と主張。大和撫子が台無し。一方で、日本男児もこうしたことを何も言えなくなってしまった。唯一神に倣って言うべき。昔はみんな外で遊んだけど、今はどう遊ぶのにもお金がいるから、買春のようなことが起きる。

 

このままでは人類は滅びます、と説明。公害、食糧不足、核爆発。唐突な『核爆発』という言葉に会場から笑い。「ほんとですよ」チェルノブイリは資金難で起きた、という例。戦争、原発の自然爆発、人類は終わり。速やかに世界経済共同体日本・世界経済共同体へ移行しなければならない。こうした問題を解決するためには政治が必要。「このままでは人類は死です!」拍手がおきる。

 

民主主義について。封建制、独裁制に対抗したのは間違いではなかった。一人一人が主役というのは正しい。「でも人間は弱いんだよぉ」口調が急に変わったので、ギャラリーから笑いが。今日の民主主義は自己中心・自分勝手・やりたい放題。うまくいかなくなってきているのは、唯一神を忘れてきたからとのこと。「唯一神について、従いなさい!」拍手がおきる。

 

「唯一神を勉強して下さい」「ホームページを見て、自分達で世界を守ってください」拍手。「又吉イエス主義ですよ」おおーっ、と声があがる。民主主義はもう限界。これからは公平平等主義、と説明。また拍手。不平等を民主主義は扱えない。明るく「民主主義は卒業しましょう!」拍手がおきる。

 

責任追求にテーマが移ると、どよよよ、とギャラリーからどよめきが。政治は責任追求である、という話。今は政治に中身がないから責任追求をしない。戦争、紛争、テロは国益争い、経済競争で生まれている。世界経済共同体イラク、世界経済共同体サウジも必要。拍手がおきる。世界経済共同体スーダンも。「テロリストもこの講演をネットで見てテロをやめるべきです」意外なアイデアに大きな拍手。衆議院でも参議院でも、当選したらまずテロリストと話す。おおーっ、という声。でも今は出来ない、という吐露に小さく笑いがおきる。「だから唯一神を国会に出すのです!」拍手。

 

今日では殺人事件が一日四件くらい起きてる、と説明。これは経済競争、自分勝手のせい。自殺も経済的理由が三割。小泉純一郎は一体なにをしているか。「日本を渡さないなら腹を切って死ね」決め文句に大きな拍手。「当たり前です」

 

毎日数万人が死んでいる。これは唯一神以外止めることができない。小泉首相、ブッシュ大統領、アナン事務総長には出来ない。だから唯一神を支持しないのは、数万人を殺している犯罪者と同じ、と説明。責任をとって唯一神を支持すべき、首相の座を渡すべき。「出来ない者は腹を切って死ね」拍手がおきる。

 

切腹とは責任感のこと、と解説。唯一神はその責任を持っている。「みんなも責任感を持って頑張ってください」拍手がおきる。世界経済共同体のために従い、責任感を持てば社会が開ける。「以上で講演を終わらせて頂きます」大きな拍手。「一言忘れてました。ご静聴ありがとうございました。拍手も適切でした」また大きな拍手。

 

壇上から降りる唯一神。壇上近くにいた何人かが握手。「呼ぶ会」会長がマイクを引き継ぎ、せっかくなので質疑応答を行いたい、と提案。喜びの声があがり、あちこちから挙手が。

 

質問者一人目。京都からの出馬は考えていないのか。唯一神の答え:ありがとうと礼。北海道など、あちこちからそのような声をかけられるが「現在的な形があります。それを考えると、やっぱり東京になりますね」返答があっさりしていたので、ギャラリーから笑い。今は東京1区だが、1に拘っているのではない。そうではなくて、一つには1区に都庁がある、と説明。答えを終えると、ギャラリーから拍手。

 

質問者二人目。小泉純一郎は切腹すべきという話だったが、切腹だけでいいのか。唯一神の答え:唯一神は天国と地獄を知ってる。小泉純一郎は地獄に落ちます。簡潔な答えに場内から拍手。

 

質問者三人目。校長がトイレ掃除をするのは出来るだろうが、校長の仕事は誰でも出来るのではないのでは。唯一神の答え:プロフェッショナルというのは確かに存在する。「お医者さんとか無理ですね」卒直なリアクションにギャラリーから笑い。「全部は出来ませんから、出来る限りで考えてください」みんなで連携して計画を立てる必要がある。国連が役場と結び付いて計画を立てればいい。困難を克服する。

 

質問者四人目。キリストの再臨なのに腹を切って死ねと言うことは、自殺を認めるのか。一回目に現れた時と言ってることが違う。唯一神の答え:違わない。時代を見極めて物を言っている、と説明。時代によって、必要なことをやる。みんなを守るのが唯一神の役目。今は腹を切って死ねと言わなければ、世の中を守れない。必要なことが出来なかったら、唯一神がなめられる。そうなるとみんなを守れないし、愛せない。「愛ですよ」そのために切腹という言葉を用いてる。現代はみんな弱くなってしまって、必要なことを見抜けなくなってきている。回りには悪い奴もいるが、叩き潰している。「口で」ぼたもちはぼたもち。唯一神は相手を見抜いて、謝らせる者。唯一神は相手に分からせる。「あなたも考えてみてください」

 

時間が無いので質疑応答は終了、と会長の声。拍手。もう一度拍手。写真撮影へ。

 

(このレポートはイベント直後に書かれ、はてなダイアリーかどこかに公開していたが、いつの間にか消えていた。2018/07/23に再掲)

 

2005/11/26

ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

この文章は小関悠が書いた。特に明記のない限り、私と関係がある、もしくは関係のない、組織や団体の意見を示すものではない。

その他のコラム

漫画村をめぐる広告主の責任
漫画村など一連の海賊版サイトの問題で、広告業界が批判を受けている。問題がここまで拡大したのは、サイトの資金源として広告があったからで、関わった広告主、広告代理店、広告プラットフォームなどは批判を免れないだろう、というものだ。 ……

「指紋認証を悪用した広告」はどうやって作るのか?
TwitterやInstagramでの広告で、1度タップしてホームボタンに触れるだけで指紋認証で購入完了となり¥5,500で買わされる非常に悪質なアプリ広告があるので注意。自分は分かっててこのツイートをする為にこの画面でスクリーンショットを撮ったら指紋認証され、無事¥5,500で購入 pic.twitter.com/JG43U1eEB4— えぴたん🍤6/30ライブ (@epitan25) May 31, 2018 ……

転職のお知らせ、あるいは一人のサラリーマンが40を前に考えることについて
私事だが、また転職した。5月いっぱいでBuzzFeed Japanを退職し、6月からGoogle Japanで働いている。BuzzFeedの同僚に「書くんですよねwww、退職ブログwww」と煽られたので書いておく。というか、辞める前に書いていたのだが、今日まで公開するのを躊躇ってしまった。なにしろ転職ももう3度目である。 ……

インタビューは事前チェックさせるべきか……に対する現実的な話
以下のツイートに始まるインタビューの事前チェック問題について色々考えていたのだが、現実的にはインタビューをする側、される側のパワーバランスでしかないのでは、という結論に自分では落ち着いた。 ……