youkoseki.com

me著者は小関悠です。全ての記述は特に明記のない限り著者が個人の立場で書いたものであり所属する組織などの立場や意見を示すものではもう全然ありませんしそんな権限もありません。

"先読み「情報脳」の鍛え方 情報中毒サバイバルガイド"という本を書きました。

まじめブログ「辺境社会研究室」を立ち上げました。
< 前年
翌年 >

2014/04/11 (金)

1. ドコモの新しいプランって、個人向けデータ定額は月5GB制限なのか。いままでは7GBだったような。
2. ネットのおかげでブラック企業の判定がしやすくなったのなら、就活生にとっていいことだろうけど、結果的にブラックと分かっていても入社せざるをえない人達がいるならば、そもそもブラック企業をどう規制するかから考えないと……。
3. なんというか、朝活の話とブラック企業の話が同居しているのが日経の面白いところだ。
4. なんでおサイフケータイには複数の電子マネーが入るのに、カードは一枚ずつバラバラなんだろう。
5. 大手コンビニの品揃えは最適化されすぎている。マイナーコンビニのほうが変な商品があって面白いな。
 

2014/04/10 (木)

1. ワールドワイドウェブ……すべてのページにはIDがあり、すべてのテキストや画像がコピー可能で、すべてのスタイルは書き換えられる……いつでもすべてのページは呼び出せ、その一部に参加すれば、すべてのページへとリンクを張り巡らせられる……ああ……しかし、そんな時代は終わってしまった……。
2. 別に成功したわけでもない商品やサービスの中の人が、自分達はこうピボットして、これをフックにして、みたいなことを自慢気に言うのはなんなのだろうか。
3. bento.comからパシリ.comと類推している人がいたが、普通に行けそうだ。あなたのパシリを登録、あなたをパシリにしている人、パシリ依頼をパシリにフォワードする、あなたのパシリを5つ星で評価しよう、近所で発生しているパシリに便乗する、このパシリを他の人にも推薦する、このパシリを利用している人はこのパシリも評価しています。
4. Spotifyの新デザインはFollowとStarとSaveとCheckmarkが混在していて脳味噌が壊れそう。BrowseとDiscoverとRadioとSearchの区別もあやしいし、PlaylistとCollectionsとInboxの区別も微妙だ。
5. 表現が難しいが、幸せそうだし会わなくていいや、という人っている。幸せなのが妬ましいのではなく、幸せなときにあんまり面白くない人。
6. 昨今見られる非正規社員の待遇改善の背景にバイトテロがあるのなら、過去のテロリストたちはいつか英雄と崇められるのかもしれないな。
7. キーボード付きだった頃の古いKindleをトイレに置いてみたのだが、これが読みやすいので困る。ページめくりボタンのおかげか新型より反応が良く感じるくらいで、新型より重いはずなのだが持ちやすくて、質感もいい。
 

2014/04/09 (水)

1. もうカープが優勝でいいのでは。
2. 同僚が言ってて面白かったこと「世の中には三種類の嘘がある。普通の嘘、真っ赤な嘘、プログレスバー」。
3. Yelpの日本版が始まったが、CEOが日経ビジネスのインタビューに答えていて面白い。「日本には口コミサイト大手の「食べログ」があるが、知っているか」「もちろん知っているよ。2年前に起きたスキャンダルもね」しびれるね……。Yelpは「今近くで空いている店」という、当たり前の情報が当たり前に手に入るので、日本でも流行って欲しいものだ。
4. 小保方晴子、可愛いのに可哀想だから許したって話になっていて驚く。
 

2014/04/08 (火)

1. いろんな新しいトレンドが次々生まれてはもてはやされる裏で、消えて行くものを誰かが見とってやる必要があるのではないかと。
2. iOSで一番まともな英和辞典アプリはどれだろう。
3. Williams-Sonomaって日本で絶対流行りそうだ。
4. 昨日の試合で怪我をした柳沢が重傷で悲しい。後ろから倒したくせに自分も転がってみせた槙野は猛省して欲しい。
5. むしろ"書店員が売りたくなかった本大賞"が必要なのでは。
6. グーニーズの続編が作られるとかいう話題を目にしたが、それよりグーニーズが「カルトヒット作」と表現されていて驚いた。ゲームを散々やって、映画もずっとテレビで放送されてたから、メジャーヒット作だと思っていたが。
 

2014/04/07 (月)

1. 本社でとある機能のプロダクトマネージャーと話をしたが、「日本人として君がこの機能についてどう思うかなんでも言ってくれ! 俺はこの機能のことばかりを本当に毎日毎日考えているんだ!」と言っていて、カッコイイと思った。
 

2014/04/06 (日)

1. 帰国したらスターバックスの値段が変わってた。消費税増税か。商品がどれも1円単位になり、小銭が嫌な人はモバイル会員になれってことなのだろう。
2. "ホビット 竜に奪われた王国"、"エンダーのゲーム"、"ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅"を観たけれどどれも面白かった。しかしホビットってあんな話だったかな。原作を思い出せない。
3. "Yコンビネーター シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール"を読んでいるが、twitch.tvがjustin.tvのメンバーから生まれたというのは知らなかった。人に歴史ありだ。しかし「アーロンの椅子」とか書いてて翻訳者はおかしいと思わないのかね……。
4. Sphero 2.0が99ドルだったので買ったけれど面白い。早すぎて部屋じゃ遊びきれないのが難だ……。
 

2014/04/05 (土)

1. ベンチャーとか個人でアプリを開発している人が、マネタイズを考えはじめたときって、どういうところに当たるんだろう? 「できるアドネットワーク」みたいな本があったりするのか、それともそういう人達の情報交換会みたいなのがあるのだろうか?
2. 「万引き対策」で個人情報を店舗が無断共有していたとかいう読売新聞の記事が話題だが、よくないことだと思う反面、万引き対策のなにがダメなのと正面から言われると難しいな……。ってこれあれか。
3. 過去の同性婚反対論をいつまで批判できるかと、万引き犯の画像をどこまで共有できるかと、同じにするのはよくないもしれないが、私達にリセットの権利はあるのかというのは、どこかで意図的に考えないと、どんどん厳しい社会になるのだろうな。
4. 家族は恋しいし、家庭料理は恋しいけど、いわゆる日本食が恋しいみたいな感じは全然ないな。サンドイッチ、ポテト、ハンバーガー、スパゲティー、チャーハン、フォー、BBQ、タコス……。
5. 交通博物館が閉館とは知らなかった。子供のころ数えきれないほど親に連れて行ってもらったので、もう一度行っておきたかった。
6. WiiUを買う理由を探しているのだが。
7. BARTは世界一軽量な鉄道だから省エネ、みたいなこと書いてあるけど本当かな? 軽自動車みたいなププーというクラクション鳴らすのがおかしい。
 

2014/04/04 (金)

1. MozillaのCEOが辞めた件、ここ最近のニュースでは一番驚いたかも。同性婚に反対した2008年の1000ドルの献金がこういう結果に繋がるとは。でも、The Vergeによればもともと本人がCEOになることを望んでなかったという話もある。
2. しかし米国における同性婚のように、少し前までは反対が多数派だったけれど、今では賛成が多数派になってきているようなことに関して、過去の言動を批判することがどれだけ許されるのかというのは、すべてが記録される今だからこそますます難しい問題だよな。
3. The Vergeはなんだかなんでもありの、すごいメディアになりつつあるな。
4. いつもこれ以上ひどいネットメディアの存在はありえないと思うことばかりだが、ギズモードの誤訳がLINE Newsに切り刻まれる今日を鑑みるに、明日はどんな地獄が待っているのだろう。
5. アメリカに来てもハンバーガーと中華以外になにを食べればいいのかいつも悩む……と書いたらTwitterでベトナム料理をお薦めされたので、yelpで見つけた店へ。ライスヌードルを頼んだが、温かいフォーではなかった……。でも美味しい。
6. ラムコークが好きなんだけど、ラムと言っても全然通じない。「ラムコーク」「は?」「ラム、コーク」「??」「ラム」「?」「ラム」「はい?」「ラム」「ラム?」「そうそう、ラムコーク」「あー、オーケ」みたいな。でも向こうがラムって言ってるのを聞いても、なにを間違えてたのか分からない……。
 

2014/04/03 (木)

1. Kickstarterで話題になったPressyみたいなやつを、Xiaomiが出すとか。Pressyは私も出資したけど、まだ発売もされてない。すごい世界だ。
2. Amazon Fire TVって分かるような分からないようなネーミングだな。Kindleとはタブレットのことで、Fireってのがマルチメディアのことなのか。
 

2014/04/02 (水)

1. Apple StoreでNestの商品が売られていて改めて思ったが、火災報知器とかサーモスタットってそんなに米国で生きていく上で必要なものなのか? 古い一軒家が多いってことか?
2. 伝言ゲームにより、私の小説が日本ではスティーヴン•キング並に売れてることになってるらしい。どうもアメリカ人的には「入選? アワードを取ったってことか? ということはヒット作なんだな! このスティーヴン・キングめ!」みたいな感じのようだ。おかげで会う人会う人にCongrats on your bookと言われている……。上司の上司の上司の上司にまで「君の小説はすごいらしいじゃないか、英語版の予定はあるのか?」と言われた。
3. このあと本当に本が出て大ヒットしたらSF的だし、そう夢見ていつしか自分を大作家と思い込むようになったらスティーヴン・キング的だよな。
 

2014/04/01 (火)

1. エイプリルフール業界も大手が進出するようになって零細は大変だな。
2. Pressoを使ってみて、外部ページをframeで呼び出しのはアリかみたいな論争が昔あったよな、と思った。
3. 星新一賞に関する一連のあれこれを経て、ネット時代の文芸賞(特に新人賞)はどうあるべきかという文章をまとめているが、まだ毎日色々なことが起きてまとめられない……。まあでも一言で言うなら「出版権を取るなら出版する、いつどこに出版するかは事前に応募時点で合意になっているのが望ましい」ということ。個人的には出版権が塩漬になるくらいは想像していたので(半年で消滅するそうだが、応募から半年なのか受賞から半年なのか)、ふつうに出版権が戻ってきて全然オッケーという気分だ。
4. ただ『日本経済新聞本紙、日経電子版、日経「星新一賞」公式ウェブサイト等において発表する予定』って書いてたのに、グランプリ作品さえなんかアプリ経由でしか読めないというのは勿体ないよなあ。普通にウェブサイトに載せればいいのに。
5. 賞についてポジティブなことも言っておくと、表彰式後の懇親会で新井素子氏がジュニア部門の受賞者に一人一人声をかけては講評していたのが、ものすごく印象的でした。おっさんは自分たちでなんとか出来るので、ジュニアの作品こそどこかで載せてあげればいいのにな。親御さんも喜ぶだろうに。
6. 外国人と英語を話す一番のコツは「こいつ英語はクソ下手だけど、色々と有用なことを知ってるっぽいので、なんとか聞き出す必要がある」とはじめに認識してもらうことではないか。
7. ThinkGeekのエイプリルフール商品、今年はクリンゴン語のロゼッタストーンがいいな。
 
< 前年
翌年 >

日記の選択

20042005200620072008200920102011201220132014201520162017
010203040506070809101112
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
種類天気食事観賞購入雑記写真全て