youkoseki.com

me著者は小関悠です。全ての記述は特に明記のない限り著者が個人の立場で書いたものであり所属する組織などの立場や意見を示すものではもう全然ありませんしそんな権限もありません。

"先読み「情報脳」の鍛え方 情報中毒サバイバルガイド"という本を書きました。

まじめブログ「辺境社会研究室」を立ち上げました。
< 前年 < 前月
翌月 > 翌年 >

2013/04/07 (日)

天気:
1. 新しいものを買わないと新しい遊びが生まれないという自分のメンタリティをなんとか変えたいものだ。
2. 優秀なマネージャーは他の業界から転用が効くので人に困らないけど、優秀な現場は専門性が必要なので希少性が高く金を積まないと集まらない、ということに気付いた結果が近年のプログラマ厚遇で、次がもしかしたらデータサイエンティストで、今後はもうそれが普通の考えになるのかも。
3. 瞬足、一度試してみたい。27.5cmあるかな。
4. よく台風とかの時にテレビのレポーターが最前線から中継してるのを見て「危ないじゃないか!」と怒る人がいるけれど、特にお金をもらってるわけでもないのに目黒川や神田川の増水ぶりを中継する人達を見ると、プロのレポーターが体を張ってみんな満足させておくというのは悪くないことなのかもしれない。
5. アイスクリームのMOWが本当に美味しいと思うんだけど、100円でこんなに美味しいのか、自分の味覚が間違ってるんじゃないか、なぜ100円でこれが売られているのか、食べるたびに悩んでしまう。
6. Abeleton Pushおもしろそう。絶対使いこなせないだろうけれど。楽器の類、YouTubeだとうまいやつばかり見つかるので、素人が買ったらこんなもんです、みたいな動画が必要ではないか。
7. かわりにMPC1000を引っ張り出してきたが、CFカードの読み書きがおかしい。
8. "鈴木先生"というマンガが無料で読めるそうで、アプリでダウンロードして読んでいる。面白いが疲れるな。
9. "創造の狂気 ウォルト・ディズニー"読了。まず、本としては最低で、比較検証を行ったウェブサイトによれば、全訳でない上に翻訳もかなりいい加減である。注釈はばっさりと削られてオンラインでのみ公開。邦題や帯の煽り文句もおかしい。その上で、中身はウォルト・ディズニーという人の無茶苦茶さを淡々と描いており、素晴らしく面白い。挑戦的な一方で飽き性、完全主義の一方でコントロールフリーク、金に糸目をつけないというのは予算感覚がないということでもあり、その表裏を時に破綻させながら進んでいく。
 
< 前年 < 前月
翌月 > 翌年 >

日記の選択

20042005200620072008200920102011201220132014201520162017
010203040506070809101112
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
種類天気食事観賞購入雑記写真全て